イタリア斑岩

イタリア斑岩とは

 

 イタリアを中心にヨーロッパ地域で、ローマ時代から一般的な舗装表層材をはじめとした建材として使用されています。このため斑岩のイタリア語である DEL PORFIDOという言葉が世界的に流布し、日本でも商業的には“ポルフィード”の名称で通用しています。

 

 斑岩は、岩石の誕生成因で分類すると火成岩。火成岩の元となるマグマが冷え固まる際、地表付近の浅いところで急速に冷却したため、ガラス(非晶質)と粒の細かい鉱物(石基)と、その中に粒の大きい鉱物(斑晶)が散らばった斑状組織を示す岩石です。

(↑斑岩の名前の由来)。

 

(参考文献:(株)建設図書発行 雑誌[舗装] 報文 小林昭人 [舗装用斑岩について]より)

 節理に沿って板状に割れ、その板材から、小舗石(ピンコロ)、方形材、乱形材、小端積材などの形状に成形して用いられます。自然な割肌の面をそのまま仕上げとして表面に用いて使います。

イタリア斑岩採掘場

色調

 イタリア斑岩は、ブラウンをベースとした、シックで落ち着きのある色調は景観に高級さと気品をプラスします。

イタリア斑岩(グレイ).JPG
イタリア斑岩(錆).JPG
イタリア斑岩(赤).JPG

形状・サイズ

 

以下の形状、サイズの在庫があります。※2021年4月1日現在。

寸法表示単位はcm内外(±1.5cm)。

在庫状況、数量、単価はお問い合わせください。

​※受注生産も可能(納期:受注後3か月~)。

ピンコロ(小舗石)

4/ 6サイズ 4~6×4~6×厚さ3~6

6/ 8サイズ 6~8×6~8×厚さ5~8
8/10サイズ 8~10×8~10×厚さ6~10
10/12サイズ 10~12×10~12×厚さ8~12
12/14サイズ 12~14×12~14×厚さ10~14
板ピンコロ 10×10×厚さ4~6

 

縁石

幅10~12×高さ10~15×長さ10~40

 

乱形

ノーマル    Φ20~60×厚さ2~5
ジャイアント    Φ20~80×厚さ2~8
特大判        Φ80~200×厚さ8~15  

 

方形

幅15×長さ15×厚さ2~6

幅20×長さ20~40×厚さ3~6 
幅30×長さ20×60×厚さ3~6
幅45×長さ20~60×厚さ3~6

ピンコロ 各サイズ

​右奥の3つはビアンコカラーラのピンコロ

​縁石

​乱形

​方形

​当社施工例

汐留地区街路整備工事
川崎チネチッタ
汐留地区4(イタリア斑岩 ピンコロ).jpg